D材搬出研修会

猛暑は少し和らいだが、日中の気温は高い!

 

 

山の中に入ると少しは涼しいものだが、今年は違う。

 

 

キャビンの冷房を活用しないと森林技術者が倒れてしまう(笑)

 

 

 

林業機械を使用し木材生産を行う場合、効率を考え全木集材をする事になる。

その場、林道脇にはどうしても枝葉が堆積してしまう。

 

 

先日、岐阜県恵那農林事務所林業課が主催となり

「恵那地域D材搬出促進等研修会」 が開催された。

 

D材とは、木材の品質(主に曲がりなどの形状)や用途によって分類する際の通称だ。

 

基本的に、A材は製材、B材は集成材や合板、C材はチップや木質ボードに用いられ、

D材は搬出されない林地残材などをいい、木質バイオマスエネルギーの燃料などとして

利用されている。

 

 

講師には、瑞穂市にある 株式会社バイオマスエナジー東海 の森営業部長が招かれ、

出荷状況・搬出方法・運搬状況等の現状をお聞きした。

 

 

林地残材が片付けば見た目は良くなるし、所有者も喜ぶだろう。

利益に繋がる事は見込めないが、経費があまり掛からないのであれば活用するべきだ。

 

 

だが課題もある。

 

運搬には10トン・25トン級のトラックを使う事になる。

積載量としても枝葉や端材となると重量がないため、小型車では採算が合わないからだ。

 

そのため、伐採現場に大型車が入れる道があれば効率は上がるが、

大型車が入れない場合は、今回の視察地のように広いストックヤードが必要にある。

 

 

付知に照らし合わせてみよう。

 

基幹林道は幅員も広く大型車も通行可能だ。

ただ、その先は道幅は狭く、カーブもキツイ・・・

10トンのショートなら通行できるかな?

 

 

ともあれ、林地残材が沢山出る現場が稼働の際には、

森営業部長へ相談だ。D材の搬出が出来る出来ないはその後だ!

 

 

現在の森林整備事業に対する国・県の助成金制度では、枝葉の量は換算されない。

今後は、D材の活用が進むだろう。この辺りも見直しをお願いしたいものだ。

 

お問い合わせ先

付知町森林組合

〒508-0351

岐阜県中津川市付知町
5756番地

 

『キャンプ場』へのお問合せは

 TEL:0573-82-2900

受付時間  平日9:00~17:00

 

 

==============


”山” 仕事のお問合せは
TEL: 0573-82-2901

FAX: 0573-82-2903

 

==============

 

メールでのお問合せはこちら

 

:キャンプ場のご予約につい

  ては、電話のみの受付とな

  ります。メールでは受付け

  ておりませんので、ご了承

  下さい。

 

==============

 

以前のブログ はこちら

 

==============

 

Facebook はこちら

 

==============

 

☆野外学習キャンプ☆

アトラストラベルのホームページ!!