清流付知川で釣りを楽しみませんか?

 

今日は、朝から青空が広がり、気温が高い!

 

 

だが、ムシムシした空気が充満しており、梅雨らしい感じだ。

 

天気予報では、午後から大気が不安定になり、

山間部では急な雨が降ると言っていたが、

この日差しを有効活用しようと、

 

 

バンガローの窓を全て開け、

レンタル品である毛布を干す事にした。

 

 

太陽の恵みは非常にありがたい。

湿気を含んでいた毛布が、みるみる乾いて行くのが分かる!

 

 

ただ、最近の天気予報はよく当たる。

出来る事なら、夕方まで日差しに当てたかったが、

お昼過ぎには、北の空に黒い雲が出現し始めたため、

 

少し早いと思ったが毛布を取り込む事とした。

 

その判断が良く、取り込み終わったと同時に、大粒の雨が降り始めた。

間一髪だった・・・

 

 

キャンプ場での作業を終え、事務所へ戻る事にしたが、

どうも雨雲に好かれたのか、一緒に移動していたようで・・・

 

 

事務所へ到着すると同時に、

 

 

雷を伴う嵐になってしまった!

 

この時期の雨は、降り続く事は無く、

逆に雨のお蔭で気温が下がり過し易くなる。

 

 

 

話は変わるが、

5月17日(土)から、付知川での 『鮎釣り』 が解禁となり、

 

 

今日も、朝早くからたくさんの釣り人が訪れていた。

 

 

解禁の翌日に発行された、中日スポーツには、

塔の岩オートキャンプ場を舞台に 『キャンプ&渓流楽し』 と記事が掲載されていた!

 

 

私は、スポーツ紙を愛読しておらず、この記事の事を知ったのは、

塔の岩オートキャンプ場の岸管理人が、新聞を事務所へ届けてくれたからだ。

 

聞けば、昨年も同じように 「塔の岩オートキャンプ場」 での記事が掲載されていたようで、

筆者である小池辰雄氏は、GWにお孫さん方と宿泊され、付知川での釣りを楽しまれたそうだ。

 

岸管理人も、「お孫さんの成長が垣間見れ、毎年お会いする事が楽しみ」 と嬉しそうに話してくれた!

 

 

付知川は、恵那漁協が管理しており、

春先から、鮎・アマゴの稚魚を細目に放流を行っている。

 

キャンプ場近くの付知川にも、毎年たくさん放流していただいており、

宿泊しながら、付知川での釣りを楽しむ方が増えている。

 

 

ただ、釣りを楽しんでいただくためにも、マナーを守って欲しい。

釣り糸や飲食されたゴミを持ち帰るのは当然だが、

 

 

遊漁券の購入を忘れては行けない!!

 

 

雑魚の日釣券であれば、キャンプ場の管理棟でも販売している。

 

【遊漁の申し込み】   一     般         1,020円

               女性・高校生・70歳以上    510円

               中学生以下          無   料

 

 

マナーを守り

是非、お子様と一緒に、付知川で楽しんで欲しい。

 

 

※遊漁期間中は、監視人が巡回しております。

  遊漁券を紛失もしくは購入していない場合、河川現場券として、上記の2倍の購入金額が発生します。

 

お問い合わせ先

付知町森林組合

〒508-0351

岐阜県中津川市付知町
5756番地

 

『キャンプ場』へのお問合せは

 TEL:0573-82-2900

受付時間  平日9:00~17:00

 

 

==============


”山” 仕事のお問合せは
TEL: 0573-82-2901

FAX: 0573-82-2903

 

==============

 

メールでのお問合せはこちら

 

:キャンプ場のご予約につい

  ては、電話のみの受付とな

  ります。メールでは受付け

  ておりませんので、ご了承

  下さい。

 

==============

 

以前のブログ はこちら

 

==============

 

Facebook はこちら

 

==============

 

☆野外学習キャンプ☆

アトラストラベルのホームページ!!