森林組合について語る①

月曜日の仕事は、まず除雪から始まった!!

全国的に寒波が訪れ、森林組合事務所も真っ白になってしまった。 

職員総出で、事務所の除雪を行ったが、

今回の雪は水分が多く、かなりの重労働・・・全て終えるのに一時間ほどかかってしまった。 

 

12月上旬にしては珍しく、10cm近く積もっていた。

 

 

 

今回から、森林組合について語ろうと思う。 大きく分けて、

 

   一つ目は  森林に対する考え(過去)

 

   二つ目は  森林に対する考え(現在)

 

   三つ目は  森林・自然環境を生かした事業

 

 

森林に対する考え(過去)について。

日本の国土は約7割が森林!

その内約7割が個人が所有する森林となり、これを「私有林」もしくは「民有林」と言い、

 

その、個人が所有する森林を中心に管理を行っているのが、我々森林組合!

 

 そもそも、森林組合とは?

「森林組合法」という法律に基づいて設立されており、

 

当森林組合は、

付知町内に森林を所有されている方が組合員となって、組織されている共同組合です。

(現在、岐阜県には森林組合が20組合あります。)

 

 

森林組合の仕事とは?

 

第一印象として、どう思われるだろう。

「組合員の森林を守り・育てる!!」

 

それも正解だが、仕事内容は各森林組合によって異なる部分もある。

 

森林整備を中心に仕事を行うのは当然!森林組合として一番大事な部分であり、核となる仕事だ!

ただ、森林・自然を生かすために、木材市場・製材・住宅関係を経営したり、ミネナルウォーター・木工製品の製造販売等を行うなど、試行錯誤をしながら仕事を行っている。

 

付知町森林組合としても、

核となる森林整備以外に、森林・自然教育・レクリエーションの場としてキャンプ場経営を行っている。

 

 

キャンプ場業務については後々とし、

まずは、森林組合の核となる事業、森林整備について。

 

 

森林整備(森林の手入れ)といっても、作業には色々と種類があり、

『植栽  下刈り  除伐  枝打ち  保育間伐  利用間伐』 と分類される。

 

終戦後に植栽された木が、現在伐採時期となっている木が多い。そもそも先人達が大事に育み守って来たからだ。

いざ、建築材に利用したいと思い立ち、木を伐ろうと考えても、適時の手入れが行われていなければ、良い木が育つはずもなく、利用価値は低くなる。

 

 

当時の林業は、『森林自然を守る』と言うより、日々の生活に欠かせない存在であったから、

より大事に育み守って来たのだろう。

 

 

付知の古い資料を見ても、明治時代頃の重要産物として、

 養蚕(まゆ、生糸、蚕種)  農産物(米、麦、大豆)  林産物(木材、薪、炭) が上げられている。

 

それ以外に、伐った木材を当時は川を使い山から運び出しており、その作業をするため毎年数百人もの日雇人が来ていたため、付知の商店や飲み屋は活気があったとも記されている。

 

 

戦後の付知を支えたのも 『木と木に関連する産業』

 

付知営林署(現在の東濃森林管理署)から伐り出された木材を中心とした、製材工場・木工工場が次々に活況を呈するようになった。製材工場の機械化が少しずつ進み生産量も向上するにつれ、町民の現金収入も増えていった。

爆撃で焼失した都市家屋の復興などで全国的に建築ブームが巻き起こり付知にも建築大工が増え、昭和23年頃から、『付知のと付知の大工』で愛知県下などでヒノキの家を造る事が始まった。(現在の産直住宅の皮切り)

 

 

また、石油石炭不足に偉力を発揮したのが木炭だった。

昭和30年代までは、付知のいたる所で炭を焼く煙がみられたそうだ。

 

今も現地を歩くと、炭焼きの跡地が見受けられ、木炭に使う広葉樹も大事にされていた事が分かる。

 

 

森林組合の仕事に話を戻そう。

 

森林資源は永久ではない。

例えば、所有している山の木を、建築材に使用するために全て伐ったとしよう。

当然、山は丸裸となってしまう・・・

 

その後、またヒノキなどが生えてくるか?

笹や雑木(利用価値がないもの)は成長して来るが、ヒノキ・スギなど針葉樹(冬でも葉が緑色をしている木)には再生能力はない。

 

永久資源にするためには、人の手により、伐ったら植える

 

『 植 栽 』 という作業がが必要となる。

ただ苗木を植えるだけではダメ!!

 

植栽を行うために、伐った後散らばっている枝などを整理して、苗木が育ちやすく、また今後の作業(下刈りなど)が行いやすいように整地。これを「地ごしらえ」と言い、 上の写真に所々筋状に見えるものがそうだ。

 

良い木を育てるには、丁寧な植え付けが大切。植え付け方法が悪いと枯れてしまう・・・

植え付けは、春もしくは秋に行い、1本1本手で植え、

 

1ha(100m四角)当たりに約2000本~3000本植えるのが一般的。

 

 

植える苗木にもこだわり!!

付知の山に植える苗木は、付知で生産!!

 

森林組合より委託を受けた生産者が、種を採取し苗畑で3年かけて丹念に育てます。

野菜は単年出荷。ヒノキ苗は出荷までに3年かかり、生産には手間がかかる。

 

 

次に、植栽を行った苗木が、草などに負けないように、

 

『 下刈り・除伐 』作業が必要! 

苗木が元気に育つように!

 

下刈りは、土の中の栄養や水分を座雑草に奪われたり、日光が遮られるため雑草を刈り払う作業となる。

植栽後、6~7年間毎年続ける作業です。

 

除伐は、下刈り作業を終えた後、雑木などが植栽木の成長を阻害始める時に行う作業となる。

3年~5年間隔で雑木を刈り払います。

 

現在は、草刈機を使いますが、昔は鎌を使っていた。

 

 

次に、節のない質の良い木材へ、

 

『 枝打ち 』作業が必要!

節がなく、丸く均一な木材に!

 

枝打ちは、植栽後10年目頃から、節なく丸く均一な木材をつくるために行う作業となる。

一度に枝を打ち上げるのではなく、植栽木の成長に合わせ、徐々に行う。

 

最終的には、地上から4m~6m以上打ち上げます。

 

早目に枝打ちを行うと、切り口(節)が幹につつまれ、節の見えない木材が出来ます。

右上の写真は、傷が付いている部分を出してみた。このような傷は製品にした場合価格が下がってします。

 

現在は、ノコギリを使いますが、昔は鉈を使っていた。

 

 

植栽木から良質なものを選りすぐる!

 

『 保育間伐 』作業が必要!

ノビノビと丈夫な木に!

 

保育間伐は、木と木の間隔を広くし、十分に日光が当たるように、木を間引く作業となる。

植栽後、15年程経過すると、木も枝も大きくなり、木全体や地面に日光が当らなくなり、木が中々太れなくなります。

 

作業としても、ただ伐れば良いのではなく、「成長は良いか?曲がっていないか?傷はないか?」を確認し、

残す木を決め、木と木の間隔を見極めながら、伐る木を選びます。

 

森林の状態によって異なるが、間伐率は30%を基本としており、

 

例えば、10m四角の中に、ヒノキが10本あったとしよう。今回、保育間伐として伐る木は、その内3本となる。

 

作業としては、建築材に利用可能な太さになるまで2回ほど行い、伐り倒した木は細かく伐り、自宅の薪として活用する他、土壌の肥料としてその場に残すことも。

 

木が太るということは、成長の証。また、根も強く張り水分を蓄え、土砂崩れから森林を守る働きも!!

 

 

森林の資源活用に!

 

『 利用間伐 』作業が必要!

 

保育間伐だけでは、資源の活用にならない!

 

利用間伐とは、植栽後35年目頃から、太い木もしくは良質な木を中心に、森林から木材を運び出す作業となる。

 

保育間伐と同じように、間伐率は30%を基本としている。

残った木が、また大きくなり、10年後には利用間伐が実施可能となる。

 

林道・作業道まで運び出した木材は、最寄りの木材市場へ運搬し、共販となる。

木材市場にて販売された木材の売り上げから、利用間伐にかかった事業費を差し引きしたのが、

 

植栽から約50年の時間を経て、利益となり、森林所有者の手元に届く!!

 

 

森林所有者は、この利益を植栽を行うための費用に充てる・・・

 

 

伐ったから植えるのではなく、『伐らさせていただいたので、植える(現状復帰のため)』 

 

 

と先人は考えていた。 今でいう循環出来る森林!!

 

 

森林は、このように循環出来るのが本来の姿。ただ、現状はそうではない・・・悲しい話だが。

 

それは、また次回としよう。

 

 

                                                 つづく

お問い合わせ先

付知町森林組合

〒508-0351

岐阜県中津川市付知町
5756番地

 

『キャンプ場』へのお問合せは

 TEL:0573-82-2900

受付時間  平日9:00~17:00

 

 

==============


”山” 仕事のお問合せは
TEL: 0573-82-2901

FAX: 0573-82-2903

 

==============

 

メールでのお問合せはこちら

 

:キャンプ場のご予約につい

  ては、電話のみの受付とな

  ります。メールでは受付け

  ておりませんので、ご了承

  下さい。

 

==============

 

以前のブログ はこちら

 

==============

 

Facebook はこちら

 

==============

 

☆野外学習キャンプ☆

アトラストラベルのホームページ!!